楽しい

人気の理由

合宿免許と通学のメリットとデメリット

自家用車

運転免許の取得には教習所に通って免許を取得する方法と数日間宿泊施設に滞在しながら取得する合宿免許があります。 まとまった期間に休みが取れる場合、合宿免許を利用するとより短い期間で免許を取得できます。また、通学に比べて費用を安く抑えられることが多いです。しかし、参加できる年齢制限がある、早めに予約をしないと定員オーバーで申込みできない、短期間で習得することが多いので大変というデメリットもあります。 一方通学の場合、自分のペースで教習を進めていける、日々の空き時間をうまく使えばそれほど時間がかからずに免許を取得できる、路上教習が自分の生活圏内なので免許取得前に練習ができるなどのメリットがあります。 しかし、合宿に比べると費用が高い、通学者数が多い期間は教習の予約がなかなかできないといったデメリットもあります。 免許取得の際に何が一番大切かによって、どちらの教習が良いか選びましょう。

合宿免許の方がメリットが多い理由

免許取得の際にまとまった期間で休みが取れる場合は合宿免許を選ぶと多くのメリットがあります。 まず、合宿期間に集中して講義や実習を行うため通学するよりも短い期間で免許が取得できます。また、交通費や宿泊費込での価格のため通学と比較すると費用が安いです。そして、決まったメンバーが同じスケジュールで行動するため、参加者同士の親交が深まります。都市部から少し離れた地域での合宿が多いので旅行気分を味わうこともできます。 しかし、年齢制限があることや、短期間で習得しなければならないことが多くスケジュールもかなり忙しくなります。また、合宿免許の場合、仮免許取得後の路上教習が自分の生活圏内と交通事情が違うので、横に教官が一緒に乗ってくれている状態で自分が普段運転する道路での練習ができません。 上記のことが全く気にならなければ、合宿免許はメリットの方が多いのでお勧めです。